近況報告
22期(昭和58年卒) 利根川 敏
 大学卒業後18年目に転勤で仙台に戻り5回目の年末を迎えています。10月に北仙台から宮城野区へ引越しをしました。北米生活を含め、今回が人生13回目の引越しです。

 OB/OGの電子メールアドレス管理人も来年は9年目に入りました。年間で30件前後のアドレス更新(新規or変更)がありますが、OB会報の一斉配信では20件前後が不達メールで私の元に戻ってしまいます。このため、有効なアドレスは300名まであと一息といったところです。

 10年の節目に300名の大台を越したいと思いますが、こればかりは皆様からの新鮮な情報を待つしか方法が無い様です。佐藤さんから郵送でこの会報を受け取っている方で電子メールをお持ちの方は、ぜひ私(利根川)まで、メールアドレスをご連絡下さい。

             GWT00287@biglobe.ne.jp

 最近は登山からほとんど縁が遠くなり、1月の新年会(新橋亭)、3月の新人OBの歓迎会(仙台)、11月のOB会報原稿の投稿依頼(+催促)、12月のOB会報完成の連絡と、1年間の流れがほぼ定着してきました。アドレス管理人の立場上、会報発行前に本格的な山行報告を読ませて頂くチャンスもあり、そのたびに冬山を含め現役時代に90日も登山をやっていた自分はどこに行ってしまったのか・・・・と思うこともあります。

 登山からは縁遠くなりましたが、3年前に始めた自転車通勤が私の運動不足解消に大変役立っています。片道10kmを35分かけて、自宅から職場まで自転車で通勤しています。それでも現役時代の体重(63kg)から日帰り山行のザック程度(約10kg)の贅肉が腰の周りにまとわり付いている状況です。

 仙台赴任後は、NECトーキン(旧東北金属工業)で、東北大学連携や宮城県、仙台市のイベントなど、地元関連の研究開発業務を担当しつつ、毎週の様に東京方面へ出張し、120日は東京、240日が宮城県といった生活が続いています。TUWVで鍛えた体力を何とか自転車通勤で維持しながら、充実した日々を送っています。

 仙台に呼び寄せた家族も、今年から長女は東京の大学生に、長男も2年後には東京に戻る様で、5年後に末っ子がこちらの高校を卒業すると、家内を含め私以外はすべて東京へ戻る見込みです。末っ子が中学に入り、最近は時間的な余裕も持てる様になり、25年も前の学生時代に家内と訪問した鳴子や白石方面へ日帰りで出かけることもあります。

 今度とも電子メールアドレスの管理を通じて、皆様のお役に立てればと思っています。最新アドレスが必要な方、電子メールの追加、修正が必要な方は、下記連絡先までご連絡下さい。今後ともよろしくお願いいたします。
平成18年OB会報NO37より抜粋